ページ: << 1 ... 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33

思い出の値段

パーマリンク 2006/09/18 22:54:37 著者: dolce-vita メール
カテゴリ: 日記,
ハイジの絵本を買って2週間目。 DVDがあるなら買ってみようと。 ありました! これは劇場版の107分のもの。 昔TVで放映されていたものすべては13巻セットで53,000円也! とっても買えましぇ~ん88| 子どもに見せたい物語ベスト5に入るこの系統のビデオは恐ろしく高価! 子どもの頃の思い出をDVDという形で再現するにはこのお値段になるのだ。 それなら私の記憶から手繰り寄せて聞かせてあげるとしましょう。 ↑あやし~けどね。 ところで、買取○国へチャイルドシートをリサイクルに出してみることにしました。 3年使ったものでメーカーはcombi。 さて、査定は・・・

250円

おっどろき~。 説明書とかいるのね~。 家に帰ると説明書も使用説明ビデオも出てきました。 さて、コレを持っていくと多少値段が上がるのか・・・ もって行くべき?行く必要なし?? Oh~~~どっちぃ~?????? あなたならどうする??

きっかけ:そのⅡ

パーマリンク 2006/09/18 22:31:34 著者: dolce-vita メール
カテゴリ: 日記, ピアノ
さて、中学では3人の先生の存在が私の背中を押すことになります。 一人目は音楽担当の先生(男性)。 文化祭、合唱部の伴奏を依頼されました。 朝飯前程度の曲でしたので引き受けました。 それと・・・「ボク一人でイタリア語でいくつか歌うからそれの伴奏もお願い」 リハーサルを始めてみるとその先生はこんな学校(不良ばっかり(当時))にいることが不思議なくらいの歌唱力でした。 その迫力に負けないように猛烈に練習しました。 当日、先生と二人、舞台で演奏が始まるとガヤガヤうるさかった体育館が静かになっていきました。 演奏後、しばらく”し~ん”としてからオ~!とか拍手などでいっぱいになりました。 その先生は次の年、イタリアへ行くため、学校を去りました。 現在、テノール歌手として活躍している江端先生です。 舞台を降りたとき、担任の先生が「君がこんなに弾けるとは知らなかった。音に生きるのかね」と声をかけられました。 美術担当で担任でしたが、人間観察が好きで(先生、失礼!)何を考えているのかわかりにくい私に時々不思議な質問をしていました。 今思えば、複雑な家庭の問題を心配して下さっていたのでしょう。 教員の前から絵を描き続けてきたその先生も上京し、日本画家として現在もご活躍中です。 時折、日展などに絵を拝見しに行ったりほんの少しの時間お話したり今でも交流のある先生です。 母より進学は商業科か公立へ行き、早く働くように言われていましたのでもうこれで終わりだと自分に言い聞かせていました。 音高の話も頼んで見ましたが音高自体知らないようであきらめていました。 最後の担任の先生は寡黙な方でした。 私的なことはほとんど話した記憶はありませんでした。 進路を最終段階で「受験する公立高校は問題ないけれどいいのか?」ときかれました。 何をおっしゃっているのか理解できませんでした。問題なければいいじゃない。と 去年の文化祭などを知っている他の先生方と何とか音楽ができる方法を考えてくださっていたようです。 吹奏楽だけど年中演奏やボランティアなどで活動している私立高校でした。 進路決定の面接の日。 寡黙な先生は猛烈に母を説得しました。 私もびっくり&感動したので家に帰って母に土下座して頼みました。 結果は超しぶしぶOK~!&条件付。 あと3年、音楽が続けられることになりました。ピアノは自分で。 どんな形でもいい!やった~~~!!!! さて、3人の先生に自分の人生を切り開く方法を身をもって教わり、私の扉は開けました。 今度は自分の足で歩みはじめる最初の一歩です。 To be continued

娘の言い訳

パーマリンク 2006/09/16 14:43:35 著者: dolce-vita メール
カテゴリ: 日記
つづきを書こうと思ったけれど、気持ちが萎えたのでまた改めて。 昨日は3歳検診。 出かける前に、今日はお姉さん達といろいろおしゃべりすると伝えると「わかった!」といいお返事:p さて、会場に着くとわんさか人がいて騒がしさにビビリ気味。 あちこちでわ~んわん泣く声が聞えてさらに固まった。 いざ、名前を呼ばれ椅子に座る。 思いのほか椅子が低くて座り損ねビビリ最大級! お名前を聞かれても歳を聞かれてももじもじもじもじ:oops: 再検査だとか問題ありと判断されては困る!と思い、 「お返事しようね~(ギロリ!)」と冷たい笑顔の私。 ようやくエンジンがかかり「2しゃい(2歳Vサイン)」 『3歳になったでしょうがっ(心の声)』 本の中に黄色の絵はあるかと聞かれ、 私の指をおもむろに取り、プラスチックのあひるを指差す。 『自分の指でしなさいよっ』 極めつけは、かさを使うのはどんな時かな?と聞かれ。 「ママが怒ったとき・・・:oops:」ママ撃沈・・・ どうやって使うンだ?反撃?バリアー? 隣の席でありがとうございました!とハキハキ立ち去る少女。 心を落ち着けて帰りの車で 「上手にお話できなかったね。どうしたの?」と聞くと 「だってね、だってね、何だかのどが変だったの」 その後は私の通院へ付き合ってもらったりで遅くなったのでお寿司(くるくるね)を食べに。 大きい声で言いましたよ。

玉子くだしゃ~い

きっかけ:そのⅠ

パーマリンク 2006/09/15 07:35:15 著者: dolce-vita メール
カテゴリ: 日記, ピアノ
どこでどうなって今に至るのかちょっと振り返ってみました。 何といっても音楽との出会いが人生第一歩のターニングポイント。 3歳半ばをすぎた頃、習字の帰り道にピアノの音がどこからか聞えてきて、母の手をひっぱってその家へいきました。 聞くと5歳からレッスン受けます。とのこと。 私は大泣きして教えてくれるまで帰らないと。 先生はテストをして先生の言うことがきけるか、言うとおりに弾けるか試して下さり、見事生徒になれました。 あっという間に楽譜を読めるようになって来る日も来る日も外で遊ぶよりオルガン(当時)を弾いていました。 ある日、ピアノが家に届いていて、とっても嬉しかったですよ。 その後、転校:.。 新しいレッスンは鈴木メソードで。 両親は全く興味もないのでそこがどういうところか知らず・・・ 才能教育だよ~ん。 カルチャーショックでした。 弾くことだけが習う内容だと思っていたけれど、ソルフェージュや歌、初見に作曲。 レッスンをカセットに録音して家で復習・予習。 マスターしたら鈴木先生に送る→「美しい音で毎日練習しましょうね」という言葉と共にカセットが帰ってきます。 合宿もあり、つま恋での音楽漬けの合宿は思い出深いです。 作曲をしたりした後は、先生とカートに乗ってお散歩。 ず~っと音楽だけの世界にいたいと心に決めた頃でした。 4年になるとクラブ活動でトランペットを選択。?無理やりだったかな? 月曜の朝礼で演奏するんだけどよく貧血で倒れたわよXX(。 全身全霊で演奏しなくたっていいのにさ。。。 ソロ状態だし~:oops:。 この頃は両親の泥沼離婚やらいじめやらでもう本当に何にも覚えていませ~ん:'(。 でもここで音楽生活危うし88|!!!ピンチ! だってお月謝、高いのよ。 実際中学に入ると母が倒れ、生活自体が崩壊。 でも学校へ7時過ぎには出かけ、暗くなるまでクラリネットをピープー吹いて家に帰るとピアノを弾いて食事を適当に(よく生きてたわ)作って結局音楽ばっかりの日々。 柏原中学などレベルが高く:idea:、合同演奏では耳をダンボにしてメモっていました。 さて、進学。 どうする? どうなる?=>

ママが悪いのかナ?

パーマリンク 2006/09/14 06:44:29 著者: dolce-vita メール
カテゴリ: 日記
娘は、どうもこの2~3日、甘えたい&感情ぶつけたいモードに入っているよう。 レジ横においてある雑誌コーナーで「これおうちに持って帰る(買いたい)」と。 「今日は買いません」ときっぱり私。 「だって、これ読みたいんだも~~ん!!!エ~~~ン。じゃ、ここで読んで~~!!エ~~ン」スーパーにこだまする泣き声。 「読みません」ママ。 だって・・・・ その本。 『悩まない生き方』なんだもん。NHKとかが出しているやつ。 あなた、悩まず人生生きようなんて甘いわよ。3歳の分際で。。。 夜はベッドに入るとき、ちょっとだけお腹すいたからレーズンバターが食べたい。と 歯磨きしたから明日ね。というと、 「デーズンバターーーーたべたい~い!!!!」と号泣。 「デーズンバター」 「デーズンバター」 「デーズンバ・・・・」 泣きながら眠っていきました。 お嬢、これはママのお酒のお供なのだよ。。。 ソーセージみたいにバリボリ食べないでおくれ。 何日かすれば穏やかな性格に戻るかしらね。 週末、連休だからみっちり一緒にすごそうかしらね。

灯台もと暗し

パーマリンク 2006/09/12 00:10:21 著者: dolce-vita メール
カテゴリ: 日記,
本が好き。 娘も本が好き♪ 夏が始まる前から探していた「オズの魔法使い」 豊富な品揃えのAmazing Bookstore Imagineでも小学高学年~対象の分厚い本しかないとの事。 きっと絵本があるに違いないとずっと探していました。 み~つけたっ~:)) オズの魔法使い ジャスコの本屋さんはマンガチックな本ばかりが目立つため、特に子供の本は見向きもしなかったのです。 アピタも品数少なく、三洋堂も今ひとつ。 ネットでもみつけられなかったのに・・・ 意外と探し物は近くにあるものである。 心静かに花でも生けよう! 花まつフラワーアカデミー そうそう、この本のいいところは、 脳みそのない”かかし”が「知恵」を。 ハートを持たないブリキのきこりが「思いやりの心」を。 弱虫なライオンが「勇気」を。 冒険の中で見つけるところ。 自分のためにはなかなかできないことも、大切な人のためなら思いがけない力を発揮する。 い~ね~。 読書の秋は始まったばかり:))

秘技!早く弾けるエクササイズ!

パーマリンク 2006/09/10 21:16:35 著者: dolce-vita メール
カテゴリ: 日記, ピアノ,
どもっ!庭のたぬき いったいいつ、どこから来たのか・・・庭にいました;D 今日は30℃を超え、秋とは思えない湿度とお天気でした。 でももう秋モードに入っている私は季節にふさわしい楽譜を物色しに楽器店へ。 やっぱり、JAZZかな~ って購入した楽譜↓ Jazzの楽譜 って、正面にあるのBOSSA NOVAって書いてあるね~。 あっれ~??:lalala: ここから10曲くらいはレパートリーに加えたいわ~。 冬になったりして←きっとね。 ちょうど夕立&雷がきてPCの電源を落とせざる得なかったのでpiano time! 娘も(Θ.Θ) zzZZ… たので集中して気分は最高♪♪になるはずが・・・ 指が動かないよ? スケールさぼっているから? ちょっとアルコール入っているから?←ランチにちょっとね。 で、 時々ブログ覗きにいく”まさキティさん”で指のエクササイズを見つけました 指のエクササイズ 早速やってみました! 中指曲げて~小指はっと・・・ (爆) ウソ(笑) だって~~~~~。 本気でやっちゃったよ~。 そりゃそうだよね。 近道などないよね~:crazy: 再来週の連休、どこ行こうかな~ そうそう、高山でお祭りあるみたいよ。 高山秋祭り ↑案内です~

木を見て森を見ず??

パーマリンク 2006/09/09 11:53:50 著者: dolce-vita メール
カテゴリ: 日記
みかん
庭に実りはじめたみかんの木です。 こんな老木でも毎年食べきることができないくらいたくさん実がつきます。 でもすっっっぱい!!! 半分は野鳥におすそわけ←優しいわたし  でも  本当の目的は・・・ この木に来るアゲハ蝶や鳥の落とすふ○が栄養となって横のブルーベリーが育つこと~ヾ(  ̄▽)ゞオホホ あれっ!?ブルーベリー? 大丈夫?瀕死の状態なの??
ブルーベリーの木
植えてから3ヶ月間一度も見に来なかった・・・ ダメなのかと思いきや
ブルーベリーの実
実が・・生っている~! 強いのね。 たくましいのね。 素敵よ。すてき。 自分の庭なのに全く気付かず過ごしているわたしってタイトルのような女。 何事ももっと全体をみなければ・・・(反省←今日だけ) さ~て、ブルーベリージャムにしようかな。って全然足りないジャン!! 私のように気の短い方は↓こちらでポチッとどうぞ~
フルーツコンポートセット ブルーベリージャム

早いわね~

パーマリンク 2006/09/08 14:54:34 著者: dolce-vita メール
カテゴリ: 日記
お誕生日に買ったアリエルの自転車。 もう1週間たらずで乗れるようになるのよね。 すっごいガニ股だけど。 私もこのくらい早く、お仕事を吸収して成長すればね~ ま、こつこついきましょう。 ↑コレ、唯一の長所!?
でも車には気をつけようね。 しんちゃんのセーフティチャイルド見てみる?
しんちゃんのセーフティチャイルド

お引越ししました!

パーマリンク 2006/09/08 13:51:26 著者: dolce-vita メール
カテゴリ: 日記
ブログのお引越しお祝い
戴いたわけじゃないけど・・

ブログのお引越しをしました!

まだ、テンプレートのままですが、とりあえず書込みです。 これからもよろしくお願いします~(ξ^∇^ξ) これまでのブログはこちら↓ http://www.chiikihp.net/aoyama/blog/

<< 1 ... 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33

2017年9月
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Facebook

ツイッター

小5娘と愛知県に住んでいます。 未婚シングルワーキングママですが、ボケの私としっかりものの娘の毎日を明るく楽しく記録しています。 現在は子供の教育やピアノに燃えています! 特技は何でも楽しめること。 最近は娘の体力に負けつつ、将来を語るのが楽しい日々です。

検索

XMLフィード

リンクブログ

16ブログ     blogging software